オススメの補助金 紹介

お金のこと

NEW!

浜松市で家を建てるなら賢く家づくりをしよう!【2024年版オススメ補助金】

家づくりには生涯のうちで一番多額な費用が必要となります。利用できる補助金がないか検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの補助金 紹介

CONTENTS

1.

賢い家づくりには補助金を利用しよう

家づくりには生涯のうちで一番多額な費用が必要となります。とくに新築で注文住宅を購入すると、住宅本体の建築費はもちろん、その他にも外構や家具など何かと出費がかさみます。そのため、補助金が利用できるのであれば検討したいものです。

 

いま、国や自治体から「子育て世帯の支援」や「省エネ住宅の促進」などを目的とした、さまざまな新築住宅に関する支援事業や補助金制度が交付されています。2024年度にはどんな事業や制度があるのか、ご紹介します。

 

 

2.

【子育てエコホーム支援事業】

子育て世帯・若者夫婦世帯による高性能な省エネ住宅の新築や改修を支援し、2050年のカーボンニュートラルの実現を図る国の事業です。「長期優良住宅※1」や「ZEH水準住宅※2」といった一定の条件を満たしている場合に申請が可能です。

 

詳細はHPを参照ください。
https://kosodate-ecohome.mlit.go.jp/

 

※1 長期優良住宅は、長く安心・快適に暮らせる家。2009年にスタートした「長期優良住宅認定制度」の基準をクリアし、認定を受けている家が「長期優良住宅」と呼ばれている。
※2 年間の一次エネルギーの収支をゼロとすることを目指した住宅をZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)という。その水準を満たした住宅のこと。

 

 

3.

【浜松市ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)導入支援事業補助金】

家庭でのカーボンニュートラル・脱炭素化の実現に向けた浜松市の支援制度です。国が実施するZEHを対象とした補助金によりZEHであることが示されており、市内に主たる事務所を有する事業者が建築した、市内の戸建て住宅が補助の対象となっています。

 

詳細は浜松市のHPを参照ください。
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/shin-ene/smart_hojyo/hojokin.html#A2

 

 

4.

【浜松市まちなか定住促進補助金】

市民の快適な暮らしを支える持続可能で効率的な都市構造を実現するため、居住誘導区域(「まちなか」)への移住を支援する事業です。新たにまちなかに住む人や多世帯で住む人に必要な新築・取得・増築・改修費用が補助されます。

 

詳細は浜松市HPを参照ください。
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/jutaku/matinaka/matinaka.html

 

 

5.

【天竜材の家百年住居る助成事業費補助金】

FSC 認証材の地産地消を推進し、地域の森林資源の循環利用を実現することを目的とした事業です。FSC 認証材※3を一定量使用して住宅を建築する場合に、そのFSC 認証材の購入費用の一部が受給されます。

 

※3 FSC 認証材とは、浜松市のFSC 認証林から生産され、FSC-COC 認証取得事業者により浜松市内で製材・加工された天竜材のこと

 

詳細は浜松市HPを参照ください。

https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/ringyou/shinko/forestry/ringyou/index.html

 

 

6.

オススメの補助金:まとめ

調べていくと、いろんな補助金が存在することに気づきます。自分の家づくりにどの制度が当てはまるのかは、プロに相談するのが良いでしょう。また申請は個人ではなく、住宅事業者を通じて申請しますので、あらかじめ建築会社を決めてから、その担当者を通じて申請してください。

 

なお、今回紹介した助成金や補助金、制度は、内容変更や改訂、予算変更、重複しての利用ができない可能性があります。

それぞれの補助金には申請期限があり、期限内でも予算の上限に達した時点で受付終了となるため、早めの相談がおすすめです。

最新情報は、各ウェブサイトなどでご確認ください。

 

浜松市で家を建てるなら、これらの補助金を使って賢く家づくりをしましょう!

 


記事の監修者

岡田明(宅地建物取引士)

住宅営業7年、不動産仲介4年、滋賀の材木店で企画営業10年を経験し、鈴三材木店に入社。